2010年01月16日

欠陥マンション、都市機構負担500億円超(読売新聞)

 独立行政法人・都市再生機構(旧・都市基盤整備公団)が東京都八王子市で分譲した46棟のマンション群で見つかった強度不足などの大規模な欠陥を巡り、建て替えなどの工事費600億円以上のうち、同機構の最終的な負担額は、500億円を超えることが明らかになった。

 マンションの施工業者計34社が負担するのは総額でも約113億円にとどまる。施工業者の監督が不十分だった点など、同機構が発注元としての責任を認めたためだが、なぜ大規模な欠陥が生じたのか、原因は不明のままという“灰色決着”となった。

 問題のマンション群は、同機構がバブル期の1988〜92年に43社に発注して建設された八王子市内の46棟計919戸。分譲から数年後には、ひび割れなどが目立ちはじめ、建設から10年目の大規模修繕を機に手抜き工事が次々に発覚、鉄筋の本数不足やコンクリートの厚さ不足などの重大な欠陥が見つかった。すでに20棟は全面的な建て替えを終え、16棟は補修が完了。残る10棟のうち2棟は07年12月、3棟は昨年10月にそれぞれ補修することで住民側と合意したが実施はこれから。協議中のマンションも5棟ある。

宮崎で遊漁船転覆、69歳船長が死亡(読売新聞)
派遣村 所在不明200人 就活費2万円支給後、続出(産経新聞)
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」−講談社(時事通信)
<秋葉原無差別殺傷>弁護側、被告の責任能力争う方針(毎日新聞)
<鳩山首相>気分転換 昼食は一般客に交じって順番待ち(毎日新聞)
posted by ハスラー9 at 10:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

「爆窃団」天賞堂以外の日本の盗品も(読売新聞)

 東京・銀座の宝飾店「天賞堂銀座本店」で約2億5000万円相当の高級腕時計が盗まれた多額窃盗事件で、香港の警察当局が逮捕した中国人の男女6人が所持していた高級腕時計の中には、天賞堂銀座本店とは別の日本国内の店で盗まれたとみられる腕時計が複数含まれていたことがわかった。

 警視庁は捜査員の派遣を検討するなど、香港当局と協力して捜査を本格化させる。ただ、香港との間には犯罪人引き渡し条約がないため、来日していた男3人を天賞堂事件の容疑者と特定した場合、香港の法律に基づき国外犯として処罰を要請する代理処罰を求めることになるとしている。

 警視庁幹部などによると、6人が潜んでいた香港の公営団地や銀行の金庫から発見された盗品の時計について、今月7日、香港の警察当局から照会の依頼があった。このため、同庁が天賞堂で盗まれた時計のうち、製造番号がはっきりしている146点についてのリストを送付したところ、少なくとも104点の番号が一致。

 また、発見された残りの時計77点のうち複数の時計の製造番号が、天賞堂とは別の店に関する盗品情報と一致するなどしたという。

 同庁では、実行犯の男3人は天賞堂以外の店でも犯行を重ねていた疑いもあるとみており、3人の来日が確認された先月中旬以降の足取りについて今後、捜査を進める方針。

鳩山首相が地方視察本格化へ=参院選意識、現場重視アピール(時事通信)
冷え込み 13日も 九州北部、強風や大雪(西日本新聞)
自衛官、酒気帯び運転で逮捕=信号支柱に衝突−山形県警(時事通信)
障害者 政府「推進会議」初会合(毎日新聞)
知人女性と子ども連れ回し、500万要求男逮捕(読売新聞)
posted by ハスラー9 at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

聴取要請から1週間、小沢氏応じる姿勢なし(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡る問題で、東京地検特捜部が小沢氏に参考人としての事情聴取を要請してから1週間が過ぎた。

 小沢氏側は聴取に応じる姿勢を示しておらず、特捜部と水面下の駆け引きが続く。

 12日に開かれた定例記者会見でも、小沢氏は聴取への対応について、「個別のことを申し上げるのは差し控える」としか語らなかった。

 関係者によると、特捜部が小沢氏に事情聴取の要請をしたのは今月5日。18日に通常国会開会を控えた政治日程にも配慮して、5日以降の1週間程度の間に参考人聴取に応じるよう求めたという。

 しかし、連休が明けても小沢氏側から聴取に応じるという回答は届いていない。小沢氏の周囲では、「現段階で聴取に応じるメリットはない」との意見も出ているという。

 特捜部は、〈1〉陸山会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)が「土地代金に充てた現金4億円は小沢氏から渡された」と供述している〈2〉この4億円の収入が同会の政治資金収支報告書に記載されていない――などから、疑惑の解明には小沢氏からの事情聴取が欠かせないという姿勢を崩していない。

 検察当局には当初、「最終的には応じるだろう」との観測もあったが、あくまで任意の事情聴取であるため、小沢氏の対応を待つしかない状況だ。「このまま聴取をしないで済ませれば、国民から厳しい批判を受けるおそれがある」との懸念も出始めている。

 刑事訴訟法226条には、捜査段階で参考人が任意の事情聴取に応じず、出頭を拒んだ場合は、裁判所を通じて参考人を呼び出し、証人尋問をしてもらうことができるという規定があり、小沢氏の出方によっては、今後、こうした手段が浮上してくる可能性もある。

日本堂
みちおのブログ
即日現金化
競馬サイト
クレジットカード現金化
posted by ハスラー9 at 21:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。