2010年04月03日

職員の子どもが職場見学=内閣府(時事通信)

 内閣府職員の子ども60人が30日、同府を訪問して職場を見学した。親の帰宅を待つ子どもの姿を同僚や上司らに実際に見てもらうことで、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の浸透を図るのが狙い。
 福島瑞穂消費者・少子化担当相の執務室では、福島氏が「パパやママが夜(帰りが)遅くなってごめんね。(職員の)みんなにかわいい子どもたちがいることをかみしめたい」と語り掛けた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

日立製作所、自治体向けのクラウド事業強化(産経新聞)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で−厚労省(時事通信)
ギョーザ事件、日中捜査協力「試金石だったが…」(読売新聞)
【話の肖像画】KYバンザイ!(下)医師・鎌田實(産経新聞)
ヒゲでマイナス考課は人権侵害、郵政職員が勝訴(読売新聞)
posted by ハスラー9 at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。