2010年04月19日

<女性遺体>ふ頭で頭部発見 諸賀さんの可能性 福岡(毎日新聞)

 15日午後4時5分ごろ、福岡市中央区那の津3の須崎ふ頭で、作業員が「人の頭のようなものが浮いている」と福岡県警博多臨港署に通報した。駆けつけた県警捜査員が頭部を確認した。博多湾内では3月15日〜4月14日、3カ所で福岡市博多区堅粕(かたかす)の会社員、諸賀礼子さん(32)の切断された遺体が見つかっており、福岡県警は頭部が諸賀さんの可能性があるとみて、DNA型鑑定で身元の特定を急ぐ。

 県警によると、見つかった頭部は首の下部から上。性別は不明。目立った外傷は確認されていない。

 現場は4月14日に首から腹部までが見つかった場所のすぐ近く。

 頭部が諸賀さんの遺体の一部と確認されれば、見つかっていないのは両足だけになる。

 諸賀さんは3月5日、勤務先の製薬卸会社を退社後、連絡が取れなくなった。親族が7日に県警に届け出た。県警が調べたところ、室内に財布やバッグが残され、窓ガラスが内側から割れていた。室内では血液反応が検出されておらず、県警は諸賀さんが何者かに連れ出されて他の場所で殺害され、遺体を切断されて遺棄されたとみている。【島田信幸】

【関連ニュース】
女性遺体:福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか
切断両腕:諸賀さんと断定 福岡県警
遺体両腕:海上の袋から発見 被害者の諸賀さんか 福岡
女性遺体:切断され下腹部のみ 福岡・能古島の海岸付近
能古島切断遺体:尻に複数のあざ 他の部位を捜索

中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ(医療介護CBニュース)
実務者協議見合わせ=普天間、岡田外相と大使で調整−日米(時事通信)
踏切に幼女、非常ブレーキ間に合わず…京都(読売新聞)
現役FPが語る「身近なお金の知恵」……まずは積立貯蓄ならどれほどか確認しよう
東名阪道の勝川料金所から煙、IC入り口封鎖(読売新聞)
posted by ハスラー9 at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。